BBT大学トップ > 入学案内 > 個別の出願資格審査について

個別の出願資格審査について

Individual application qualification

1年次入学出願資格3,8(出願資格(p.5)参照)より出願を希望する方は、事前に「個別の出願資格審査」を受け、審査の結果、資格を認定された場合のみ出願が認められます。審査は、法に基づき、下記のとおり実施します。

※上記募集要項は2018年10月入学のものです。2019年4月入学の受付は2018年10月上旬頃より開始する予定です。

(1)対象

2018(平成30)年10月1日時点で満18歳に達し、下記いずれかに該当するもの
「(修了)見込み者」は、2018(平成30)年9月30日までの見込み者であること

  1. 1年次出願資格3に該当する者。外国において学校教育における12年の課程を修了した者(又はこれに準ずる者で文部科学大臣の指定した者を含む)、および修了見込みの者。(文部科学大臣の指定のないインターナショナルスクールなどの卒業者で、当該学校の課程を合わせて、学校教育における12年の課程を有していることが認められる者)
  2. 1年次出願資格8に該当する者。各種の学校などでの学習暦及び社会での実務経験などが、高等学校卒業と同等以上であると客観的に確認できる者
  3. 2年次・3年次編入学・転入学の出願資格1、2において、外国の四年制大学・短期大学を卒業・在籍したことがある者

(2)出願資格審査書類の提出締切日

第一期 第二期 第三期
2018/5/7(月) 2018/6/18(月) 2018/7/23(月)
第一期
2018/5/7(月)

(3)提出書類

本学指定の「出願資格審査申請書」に下記書類を添付し、入試係へ郵送にて提出してください。

対象1の方 【提出書類】(ア)~(ウ)すべてを提出してください。
  • (ア)当該学校の成績証明書または調査書(開封無効)
  • (イ)当該学校の卒業(見込み)証明書
  • (ウ)当該学校の教育課程が確認できる書類(修業年限、卒業に必要な修得単位数、1 単位に必要な授業時間数、年間の授業日数および総授業単位時間数を含む)
対象2の方 【提出書類】以下(エ)に加え、(オ) (カ)のどちらか、または(オ) (カ)の両方を提出してください。
  • (エ)高等学校での修得単位数と高等学校と同等以上の教育を受けた学習歴を証明する書類
    • 1.高校の単位修得証明書
    • 2.当該教育施設等の成績証明書・在学期間証明書
    • 3.当該学校の教育課程が確認できる書類
  • 以下(エ)に加え、(オ) (カ)のどちらか、または(オ) (カ)の両方を提出してください。
  • (オ)社会での実務経験等が高等学校卒業と同等以上であることを、客観的に確認できる書類
    • 1.職務経歴書(様式任意。実績や成果を含む)
    • 2.在職証明書
  • (カ)取得した資格等を証明する書類
    • 1.大学の科目等履修生として修得した単位認定証明書
    • 2.取得した資格の証明書
対象3の方 (キ)~(コ)を提出してください (ケ)は該当者のみ
  • (キ)外国の大学・短期大学の在籍期間証明書
  • (ク)外国の大学・短期大学の成績証明書
  • (ケ)“Bachelor Degree”,“Associate Degree”以外の課程の場合は、その課程が当該国の“Bachelor Degree”の課程に編入学・転入学することができることを証明する客観的な資料を提出。加えて、修了年限、カリキュラム、学習時間数がわかる資料を提出すること
  • (コ)高校の卒業証明書

出願資格審査申請書ダウンロード

(4)審査基準

  • 対象1の方
    当該学校の教育内容の審査においては、「大学入学資格に係る専修学校高等課程の指定に関する実施要項等(文部科学省)」の要件を準用する。
  • 対象2の方
    専修学校や各種学校等の課程の修了などの学習歴、社会における実務経験や取得した資格等、大学の科目等履修生として修得した一定の単位などの学習歴や実績の客観的な情報等に基づいて、高等学校卒業者と同等以上の学力があるかどうかを審査する。
  • 対象3の方
    当該する課程が、正規の高等教育機関であること、法で規定された基準に即することを前提とする。ほか当該課程での学習内容と時間数が、本学の教育の水準に相応しい内容であるかを精査する。

2019年度春期生(4月入学)出願受付準備中

出願受付準備中
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Google+
  • Pocket